哲学ドラマワークショップ「言葉のカラダ、身体のコトバ」

スライド1

東京大学大学院総合文化研究科・教養学部附属 共生のための国際哲学研究センター
UTCPプロジェクト「共生のための障害の哲学」×「Philosophy for Everyone」合同企画

哲学ドラマワークショップ「言葉のカラダ、身体のコトバ」

に、大谷賢治郎と古舘一也、ゲストメンバーの松山侑生、水谷みつるがファシリテーターとして参加します。

日時:2016年2月27日(土)13:00-17:00
場所:東京大学駒場Iキャンパス コミュニケーション・プラザ北館3F 身体運動実習室1
使用言語:日本語|参加費無料|要事前登録|定員30名

言葉にはカラダがあり、身体にはコトバがある。そう聞いて、皆さんはどんなことを思い浮かべるでしょうか? 言葉は重さをもち、運動する? 身体は意味を語り、対話する? 今回の哲学ドラマワークショップでは、言葉と身体の繊細で複雑な関係に焦点を当て、皆さんと一緒に体験を通して考えていきます。

次々といろいろなことが起きる日常では、言葉と身体の関係を強く意識する時も、まったく意識しない時もあるでしょう。もしかしたら、それほどは意識せずに、なんとなく連動させて、話したり、聞いたりしている時も多いかもしれません。

でも、言葉も身体も限られた仕方でしか使えない状況に置かれたら、どうでしょう? 言葉の働き、身体の働きそれぞれにより敏感になり、二つのつながりについても、これまで以上に自覚的になるのではないでしょうか。他者とのコミュニケーションのあり方についても、改めて振り返ることになるでしょう。

本ワークショップで試みるのは、そうした言葉と身体をめぐる実験です。ただ歩くというシンプルなことから始めて、ゆっくりと少しずつワークを積み重ね、一人ひとりのなかに、あるいはあいだに、起こることを丁寧に探っていきます。そして、対話を通じてお互いの発見をシェアし、カラダをもつ言葉と、コトバをもつ身体が、私とあなたの出会いにおいてどのようにかかわりあっているのかについて、協働して探究を深めていきます。

■企画/進行:哲学ドラマ・コレクティブ(松山侑生、水谷みつる、大谷賢治郎)

■出演:古舘一也(company ma)

スライド2