劇団たんぽぽ「いのちのまつり」

12325700_10154069848366600_1770110635_o

 

たんぽぽ。
逞しく咲く花。
逞しく生きるために、子孫を残す手段として自分の種を綿毛で飛ばすたんぽぽ。

その花の名前の劇団が浜松にあります。
戦後すぐに子どもたちのために演劇を見せようと、 戦後まもなくパスポートを取得して沖縄の子どもたちに演劇を見せようと。

劇団たんぽぽ70周年公演「いのちのまつり」。 子どもがいる人は子連れで、自分が未だ子どもの人は自分を連れて。かつて子どもだった大人も自分を連れて。 静岡でお待ちしております。

by 大谷 賢治郎
———————————–

劇団たんぽぽ「いのちのまつり」 
原作/草場 一壽「いのちのまつり」(サンマーク出版 絵/平安座資尚)
脚色/久野 由美・松下 哲子  監修/ふじた あさや
演出/大谷 賢治郎

3月24日(木)浜松市浜北文化センター 18:30開演
3月25日(金)浜松市福祉交流センター 18:30開演
3月26日(土)清水文化会館マリナート 18:00開演
3月27日(日)三島市民文化会館    14:30開演

前売:1500円 当日:2000円 (4歳以上有料)
劇団ホームページ http://www.gekidan-tanpopo.com/
チケットぴあでも発売中。(Pコード449-233)

音楽/遠山裕 美術/池田ともゆき  振付/酒井麻也子 照明/坂本義美 音響/山北史郎 衣装/坂本真彩  人形演出/つげくわえ 制作/上保節子

12499449_10154069886716600_241386465_o 12764361_991085887649212_5262657365294050191_o