「カバンの中の記憶」開幕まであと2週間

ご無沙汰致しております。ボス猿の方の大谷です。いよいよ2週間後に本番が迫って来ました。うちらカンパニーでのディバイジング(戯曲のないところから稽古の中でアイデアを持ち寄って作品を作っていく手法)は初演以来であり、しかも今回は出演者が9名ということもあり、稽古場はアイデアに溢れ、本番2週間前にして、ようやくそれらのアイデアを形にし始めているところです。また僕の北京出張や「小さな家」の国内巡演の時期も重なり、今回出演の湖太朗くん主宰の桐朋卒業生によるサルメカンパニー旗揚げ公演もあり、それらがそれぞれ有終の美を迎え、いよいよ船上に全員が揃い、幕開けに向け、大きな舵を切り出します。

幕開けまでの最後の2週間というのは、不安や焦燥感がつきものですが、僕自身、それ以上に未知なる航海へのドキドキやワクワクが優っています(きっと出演者は不安の方が優っているのでしょうが・・・)。ディバイジングの時はいつもそうですが、作っては壊しての繰り返しであり、創っている最中は結果それがどこに着地するのか、もしくはしないのかわからないことも多く、最終的に観客と共有するという目的に向かうアプローチだからこそ、明確な指針や方向性の欠如のような感覚に見舞われることがあります。また点と点を結ぶ線を早く見出したいという焦燥感にも近いものがあると思います。

ディバイジングは実験的な料理のようなものです。もしくは料理そのものが実験的であることを大前提にするのであれば、ディバイジングは料理そのものです。食材を求め、下ごしらえをし、食材の個性を味見しながら混ぜ合わせ、鍋を選び、皿を選び、どうにか美味しくなることを探求し、どうにかお客さんに美味しく食べてもらうその未知を想像しながら作るその作業はまさにディバイジング。下ごしらえをした様々な食材の小さな集合体が点であり、それらの点を線でつなぎ合わせ一つの料理を完成させる。この最後の2週間というのはまさにその段階だと思います。

今回の食材は皆引き出しの多いアーティストたち。「記憶と戦争」という大きなテーマの傘の下、彼らと更なる食材集めのために探し求めた「記憶」や「小さな約束」の言葉たち、「当たり前の日常」やそれに対する「後悔」の記憶たち、そして「未知なる未来」に思いを馳せた「過去の夢」の数々と、たくさんの小さな点を創造し、今緩やかに点と点とをつなぎ合わせています。

子どもに観てもらう舞台芸術作品こそ、最高品質でなければならない。現在、どの国からも聞こえてくる声であり、事実、色々な国でそれが実証されています。子どもの時の芸術体験が、その後の彼らの人生を決めると言っても過言ではないことを世界中が知り始めている、いや再確認しているのです。

company maの志も然り。一人でも多くの子どもたちへ、一人でも多くの人たちへ、この作品「カバンの中の記憶」が届きますように。皆さんのお越しを劇場にてお待ちいたしております。

company ma主宰・大谷賢治郎