ドイツ・ブラジル・日本 国際共同創造公演 The Treasure ~宝物を探して~

 

ブラジル・サンパウロ Cia Paideia
ドイツ・デュッセルドルフ Düsseldorfer Schauspielhaus Junges Schauspiel
日本・東京 company ma

国際共同創造プロジェクト International Theatre Collaboration Project

The Treasure O Tesouro Der Schatz 宝物を探して

09.2019 ブラジル・サンパウロ パイデイア国際児童青少年演劇フェスティバル 世界初演
World Premiere at XIII Festival Internatiocional Paideia de Teatro para a Infancia e Juventude

02.2020 ドイツ・デュッセルドルフ デュッセルドルファー・シャウシュピエルハウス劇場 ヨーロッパ初演
Europe Premiere at Dusseldorfer Schauspielhaus Junges Schauspiel

03.2021 日本・東京 アシテジ世界大会・国際児童青少年舞台芸術フェスティバル 日本初演予定
Japan Premiere at the 20th ASSITEJ World Congress in Tokyo / MIRAI Festival (scheduled)


このプロジェクトについて

2017年5月、南アフリカ・ケープタウンにて開催された、アシテジ世界大会にて、3人の劇団代表、サンパウロのアグライア・プッシュ、東京の大谷賢治郎、デュッセルドルフのステファン・フィッシャー・フェルズが出会い、作品創造に向けて、それぞれの家族について話しをした。その中で、それぞれ全く異なった背景を持っているにも関わらず、共通して、戦争との関わりについて触れられ、それぞれの戦争との向き合い方に類似性を見出した。彼らは演劇を創造する者として、課題となるいくつかの質問に辿り着いた。それらは:
「現在の若者たちは、戦争というものをどういうふうに捉えているのだろうか」「混乱を促すも、一方で魅力ある、このグローバル社会に生きる、東京、サンパウロ、デュッセルドルフの若者たちが抱える、希望、恐れ、欲望とはどんなものなのだろうか」と言ったものだった。そして実際に若者たちと会話をしていく中で、共通して見えてきたのは、彼らは、現在を第三次世界大戦の戦前と捉えていることだった。
こうして国際共同創造、国を超えた実験が始まった。
劇団パイデイアの劇作家、アマウリ・ファルセッティが、作品のベースとなるテキストを執筆した。この作品の演出である、大谷賢治郎は、身体的叙情性を重んじる演出で知られており、彼の推薦で、線と線を紡ぎ合わせる役割として、振付家・クリステル・ギルボードと音楽家・青柳 拓次が、また、劇団パイデイアの推薦で、舞台デザイナー・アビー・コーエンが創造チームに加わった。
また、このプロジェクトの目的は、国境を越えた芸術的言語を発見する試みであり、参加しているアーティストの国で、そして世界のどこの国でも理解される作品創造を目指すものである。

About the idea for the Project
In May 2017, three directors – Aglaia Pusch from São Paulo, Kenjiro Otani from Tokyo and Stefan Fischer-Fels from Düsseldorf  – met at the Assitej World Congress in Cape Town / South Africa. They began talking about their families and discovered that these stories were also about war, which, despite their diverse backgrounds, had confronted all of them in a similar way. As theatre directors, they asked themselves:
What does the concept of war mean to younger generations today? What do the hopes, fears and desires of young people from Tokyo, São Paulo and Düsseldorf actually look like, living as they do in this confusing yet fascinating “global village” we call the world? Over numerous conversations with young people, it emerged that – irrespective of where they were from – they feel that we are already embroiled in World War III.
A joint research project was set up and a transnational experiment initiated.
The author Amauri Falseti from Cia Paideia de Teatro worked on a text, which would form the basis for the joint project. Kenjiro Otani, the director of the production, whose work is characterised by a physical lyricism, suggested that the choreographer Chrystel Guillebeaud and the music composer Takuji Aoyagi be included in the team in order to bring out and articulate what lies between the lines. The Brazilian stage designer Aby Cohen joined at the suggestion of Cia Paidéia. The project is also an attempt to devise a transnational artistic language that can be understood in the participating artists’ individual countries and, indeed, elsewhere in the world.

作品概要
この作品の創造基礎となる、アマウリ・ファルセッティによる作品、「ドリームス」は神学的哲学者、マーティン・ブーバーの「橋の下の宝物」からヒントを得ている。この寓話は、ある貧しいラビが繰り返し見る夢に導かれ、ある遠い街にある、城に続く橋のあるだろうとされる宝物を探す旅に出る。橋のふもとで彼は、衛兵に訊ねられる。「毎日ここに来て、何をしているのだね?」ラビが夢の話を衛兵に伝えると、衛兵は笑いながら、「夢を信じて、夢で導かれたところに行くと言うのかい?ならば俺も言うが、ここ数週間、遠い街に住むラビの夢を繰り返し見ているのだが、どうも俺はそのラビの家に行くことになってるんだ、その家の中にあるストーブの脇に宝物があるそうでね。」ラビは微笑み、お辞儀をすると、家路に着く。
アマウリ・ファルセッティこの寓話をヒントに、宝物を探しに旅に出る、3人の登場人物による物語の土台を形成した。それはブラジル、日本、ドイツの若者が幸せを求めて、祖国を離れ、夢の国である空港で足止めに会うと言うものである。そこで、彼らは自分たちの未来への希望、恐れと向き合い、観客と共有する。その過程において、彼らは自分たちの国の歴史や、現代社会における、ファシズム、環境問題、放射能汚染などの問題と直面する。
果たして彼らは旅を続けることができるのだろうか?もし続けられるとしたら、彼らは探し求める宝物を見つけることができるのだろうか?

Plot
Amauri Falseti’s “Dreams” is based on the parable “The Treasure Under the Bridge” by the theological philosopher, Martin Buber. The parable tells the story of a poor rabbi who follows his recurring dream: he is urged to travel to a distant city in the dream, where he will find treasure under a bridge leading to a castle. So he sets off. Upon arriving at a bridge, he encounters some guards. The captain asks him: “Why do you come here every day and keep hanging around the place?” The rabbi tells the captain about his dream. The captain laughs and replies: “Where would we be if we placed our trust in dreams? I have been dreaming for weeks now about a poor rabbi in a distant city. I’m supposed to go there and dig around under the stove in his room, where I’ll find some treasure.” The rabbi smiles, bows, and makes his way back home.
Amauri Falseti developed three figures who are also in search of their personal treasure. Three young people from Brazil, Japan and Germany want to leave their homeland to find happiness elsewhere. When they arrive at the airport, they look for the check-in counter, stumble over suitcases that are lying around and finally find themselves in a control room. Something seems to have gone awry upon entering the land of their dreams.
“Where are you going and why?” asks the border control officer.
They reveal their hopes for the future and also their fears, both to themselves and to the audience. They look at the murky aspects of their respective countries’ histories, and also what is happening currently: fascism, environmental destruction and nuclear disasters.
Will the three be allowed to continue their journey and if so, where will they fly to in order to find their treasure?

 

Author „Dreams“: Amauri Falseti
原作:アマウリ・ファルセッティ

Composition&Director:  Kenjiro Otani
構成・演出 大谷賢治郎

Costumes, Lighting & Stage design:  Aby Cohen
衣装・照明・舞台美術デザイン:アビー・コーエン

Choreography: Chrystel Guillebeaud
振付:クリステル・ギルボード

Music: Takuji Aoyagi
音楽:青柳拓次

Dramaturgy: Sylvia Sobottka
ドラマトゥルク:シルビア・ソボットカ

Photo: Thomas Rabsch
写真:トーマス・ラブシュ

Cast 配役:
Ryo Harada 原田亮
Marie Jensen マリー・ジェンセン
Elisa Reichmann de Almeida エリッサ・ライヒマン・デ・アルメイダ

photo by Thomas Rabsch